Carbon-Xとは

Future Earth Lab.が開発したカーボンナノチューブ

カーボンナノチューブとは

強い 軽い しなやかな 未来を変える新素材

軽くて丈夫な輸送機
軽くて丈夫な省エネ航空機
巨大風車による発電
耐震高層ビル

を可能にする新素材

画像はイメージです

カーボンナノチューブとは

 

カーボンナノチューブは炭素だけで構成されたチューブ状の物質​です。

重さがアルミニウムの半分、
強度は鋼鉄の20倍、
銅の1000倍の電流が流せ
熱伝導率は銅の10倍です。

炭素が六角形でつながった網を切って、くるっと丸めて筒にした構造をしており、

また、とても小さなものなので、多くのものを小型化、高機能化が可能です。

 

カーボンナノチューブは炭素だけで構成されたチューブ状の物質​です。

重さがアルミニウムの半分、
強度は鋼鉄の20倍、
銅の1000倍の電流が流せ
熱伝導率は銅の10倍です。

炭素が六角形でつながった網を切って、くるっと丸めて筒にした構造をしており、

また、とても小さなものなので、多くのものを小型化、高機能化が可能です。

カーボンナノチューブの仕組み
カーボンナノチューブの仕組み

顕微鏡で見るカーボンナノチューブ

顕微鏡で見たカーボンナノチューブです。

画像をスワイプ、クリックで拡大縮小が切り換えられます。

カーボンナノチューブの特徴

小さな物質の無限大の可能性

カーボンナノチューブの特徴より、様々な用途が可能です。

 

複合材料の強化剤​として

カーボンナノチューブをプラスチックやセラミックの強化材として使うことで高強度の材料ができます。
カーボンナノチューブを使った材料は、すでにスポーツ用品などに使われ始めています。

 

複合材料の強化剤​として

カーボンナノチューブをプラスチックやセラミックの強化材として使うことで高強度の材料ができます。
カーボンナノチューブを使った材料は、すでにスポーツ用品などに使われ始めています。

テニスラケット
 

電池材料として

リチウム空気電池の空気極材料に使用して従来のリチウムイオン電池の15倍の蓄電容量が可能です。

 

電池材料として

リチウム空気電池の空気極材料に使用して従来のリチウムイオン電池の15倍の蓄電容量が可能です。

電池材料イメージ
 

電子材料として

導電性のカーボンナノチューブは、細くても電流を流せることから、微細電子回路の導電部に応用できます。

【LSIの配線用】​
現在使用している銅配線を多層カーボンナノチューブ配線に置き換えることでコンピュータ内部にあるLSIの​微細化が可能​となります。

【携帯電話の基地局用】​
カーボンナノチューブの特性である「高い熱伝導性(銅の10倍)」を利用して、携帯電話の基地局で使う​半導体チップ(増幅器)の熱を逃がす役割に使用できます。

 

電子材料として

導電性のカーボンナノチューブは、細くても電流を流せることから、微細電子回路の導電部に応用できます。

【LSIの配線用】​
現在使用している銅配線を多層カーボンナノチューブ配線に置き換えることでコンピュータ内部にあるLSIの​微細化が可能​となります。

【携帯電話の基地局用】​
カーボンナノチューブの特性である「高い熱伝導性(銅の10倍)」を利用して、携帯電話の基地局で使う​半導体チップ(増幅器)の熱を逃がす役割に使用できます。

電子材料

カーボンナノチューブの様々な用途

カーボンナノチューブの様々な用途

Carbon-Xの強み

こうしたカーボンナノチューブ技術を利用し商品化したのが「Carbon-X」です。

​カーボンナノチューブを世界に流通させ、新たな産業革命を起こしたい!

世界に広がるカーボンX

従来の製造方式の課題

使用する原料が高価なため販売価格も高額となり、
また、歩留率が極めて低いため量産化が困難でした。

それゆえに幅広い分野での活用が出来ないという問題がありました。

Carbon-Xが解決したこと

弊社はプラスチックからカーボンナノチューブへの
新しい変換技術を開発いたしました。

従来の方式とは異なる方法で、プラスチックやプラごみから
「高速生産・大量生産・高品質」技術を確立しました。

Carbon-Xが作る未来

圧倒的なコストダウンが可能となるので、
世界中にカーボンナノチューブを流通させることが可能となり、
高コストが理由で採用されなかった分野でも積極的に利用可能となります。

従来の製造方式の課題

使用する原料が高価なため販売価格も高額となり、
また、歩留率が極めて低いため量産化が困難でした。

それゆえに幅広い分野での活用が出来ないという問題がありました。

Carbon-Xが解決したこと

弊社はプラスチックからカーボンナノチューブへの
新しい変換技術を開発いたしました。

従来の方式とは異なる方法で、プラスチックやプラごみ含むから
「高速生産・大量生産・高品質」技術を確立しました。

Carbon-Xが作る未来

圧倒的なコストダウンが可能となるので、
世界中にカーボンナノチューブを流通させることが可能となり、
高コストが理由で採用されなかった分野でも積極的に利用可能となります。

Carbon-Xの特徴

株式会社フューチャーアース研究所の Carbon-X は優れた特徴を有しています。

 

Carbon-X の特徴 ❶

多種多様なプラスチックに対応

ポリバケツやペットボトルなど、身近なプラスチックからカーボンナノチューブを生成することができます。
以下だけでなく[PI] ポリイミドシート ( カプトンシート )、[PC] ポリカーボネートなどからも生成することが出来ます。

 

Carbon-X の特徴 ❶

多種多様なプラスチックに対応

ポリバケツやペットボトルなど、身近なプラスチックからカーボンナノチューブを生成することができます。
以下だけでなく[PI] ポリイミドシート ( カプトンシート )、[PC] ポリカーボネートなどからも生成することが出来ます。

プラスチックから生成されるカーボンX
プラスチックから生成されるカーボンX
 
 

Carbon-X の特徴 ❷

従来の約10倍の変換効率による低コスト化の実現

PSの従来の変換効率は約4%だったのに対し、carbon-Xの変換効率は40%を実現しております。

主なプラごみからの変換効率
carbon-Xの特徴へリンクするボタン

Carbon-Xを世界に

Carbon-Xが創る未来

それは
新たな産業革命

それは
持続可能な社会

 

会社概要へリンクするボタン

 

会社概要へリンクするボタン

お問い合わせ

Carbon-Xにご興味のある方、ご質問などは、お問い合わせフォーム、またはお電話でご連絡ください。

 

ボタンお問い合わせ
電話ボタン
電話をかけるボタン